松下電器出身の研究者、赤崎勇氏がノーベル物理学賞受賞!!!おめでとうございます!!!

2014/10/07 21時37分

aaaaaaaa

グッドニュースが入ってきました!!!

なんとパナソニック(旧松下電器)出身の研究者、赤崎勇氏がノーベル物理学賞受賞!!!

おめでとうございます!!!

時事通信社によると

スウェーデン王立科学アカデミーは2014年10月7日、同年のノーベル物理学賞を、実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇名城大教授(85)と天野浩名古屋大教授(54)、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)に授与すると発表した。青色の登場でLEDは赤、緑とともに光の三原色がそろい用途が拡大。消費電力が少なく、耐久性が高い特長が注目され、白熱電球や蛍光灯に代わる白色照明のほか、携帯電話などのディスプレー、交通信号などに広く利用されている。
 日本人のノーベル賞は、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発で医学生理学賞を受賞した山中伸弥京都大教授以来。米国籍の南部陽一郎米シカゴ大名誉教授を含め計22人となった。物理学賞は08年に南部氏と小林誠高エネルギー加速器研究機構名誉教授、益川敏英名古屋大特別教授が受賞して以来6年ぶり。
 写真は、ノーベル物理学賞の受賞が決まり、笑顔で記者会見する名城大の赤崎勇教授(名古屋市天白区の同大)(2014年10月07日)

時事通信社より抜粋

K10052084011_1410072048_1410072057_01

NHK NEWS webによると

ことしのノーベル物理学賞の受賞者に、青い光を放つLED=発光ダイオードの開発に成功し、フルカラーの大型画面の実現などさまざまな応用への道を開いた、名城大学教授の赤崎勇さんと、名古屋大学大学院教授の天野浩さん、カリフォルニア大学教授の中村修二さんの日本人研究者3人が選ばれました。

赤崎さんは鹿児島県出身の85歳。
京都大学を卒業後、当時の松下電器の研究所を経て、昭和56年に名古屋大学の教授になり、現在は、名古屋市にある名城大学の教授を務めています。

NHK NEWS webより抜粋

青色発光ダイオードの開発に成功しノーベル賞に一番近い!と10年以上前から聞いておりましたが、とうとうノーベル賞を受賞しましたね

青色発光ダイオードが開発に成功し、色の3原色がそろい大型ディスプレイや携帯電話などに搭載されていったんですね

昔の携帯ってそう言えば単色でしたよね

青色発光ダイオードが開発されていなければiPhoneなどスマホやタブレットなどもなく、未だにTVはブラウン管だったかもしれませんね

 

 

(ふぇらーり)

ジモネタ守口・門真

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ