【守口門真】裁ちばさみで長男の指にけが、守口市の父親を逮捕

LINEで送る

門真警察署
(画像はWikipediaより)

 

門真市内で子どもを切りつけた事件があったそうです。

 

 

裁ちばさみで小学6年の長男(12)の小指を切り、けがをさせたとして、大阪府警門真署が傷害などの疑いで、建築作業員の男(34)=同府守口市=を逮捕していたことが9日、捜査関係者などへの取材で分かった。

男は指を切ったことを認めているという。大阪区検は8日に傷害罪で略式起訴し、大阪簡裁は罰金50万円の略式命令を出した。

産経WESTより一部抜粋)

 

今回の事件は、門真市内の集合住宅で、はさみで遊んでいた12歳の長男を叱りつける為に裁ちばさみで指をけがさせたそうです。

 

男の子の指は命にかかわるけがではなかったようですが、行き過ぎたしつけですね。

 

最近は子どもが命を落としてしまうケースが増えてきています、行政が取り組まれる私たちも地元地域から声かけをしっかりしていきたいですね。

 

(やんちょ)

LINEで送る

ページの上へ