【門真】大ショック!!ららぽーと門真、中止が濃厚みたい。。。原因は・・・

LINEで送る

大ショック!!平成30年にも開業予定だったららぽーと門真が中止になったみたいです。。。

a5d33eb82c2978ac3bf2222bc484b1b4

画像はららぽーとHPより抜粋

以前にららぽーとが出来るニュースが入ってきてテンションMAXの時に書いた記事はコチラ↓

【門真】大ニュース!!門真に「ららぽーと」が出来る!18年に開業。場所は163沿いの売却の話が出てたあそこ。

 

中止の噂話は数ヶ月前から聞いてはいたのですが確信をつく情報ではなく噂話だったので、そんなわけない!きっと門真にららぽーとが出来て将来的には、

俺、地元は門真やで~

友人、門真ってららぽーとあるとこちゃうん!?

俺、そやで~

友人、メッチャええやん~!!ららぽーと近いん?

 

みたい会話が成立することを夢見てたのですがこんなニュースが・・・↓

大阪・門真の「ららぽーと」計画ピンチ 用地の土壌汚染で

パナソニックがデジタルAV(音響・映像)機器事業の拠点を置く大阪府門真市の土地を三井不動産へ売却する交渉が白紙に戻ったことが15日、分かった。

 敷地内で地下水の汚染が判明したため。三井不動産は大型商業施設「ららぽーと」を平成30年にも開業する計画だったが凍結されることとなった。パナソニックとしては、経営効率化のための拠点再編に遅れが生じる可能性がある。

 売却交渉が進められていたのは、パナソニック本社の近くにある「南門真地区」の土地約16万平方メートル。松下電器産業時代の昭和45年から、中核を担うテレビやオーディオなどAV機器関連の本部や研究開発部門、工場を置いてきた。

 パナソニックは、テレビ事業の不振などで拠点の重要性が低下したことから、効率化のため、同地区の従業員約4千人と設備を門真市内と大阪市内の計3拠点に移転したうえで、敷地を約200億円で売却することにし、三井不動産と交渉を重ねてきた。

 ところが今年5月、敷地内の地下水から環境基準値を超えて複数種の揮発性物質が検出された。過去に使用していた化学物質が漏(ろう)洩(えい)したとみられる。近隣の病院が地下水を上水道と混合して風呂などに使っているため、同社は土壌を浄化する考えを大阪府に伝えた。

 関係者によると、三井不は土壌改良のめどが立つまで待つ方針だった。しかし完了には5、6年かかるうえ、200億円の売却額を超える費用を要することから、価格面で歩み寄りが難しく交渉は9月までに実質的に白紙に戻ったもようだ。

 ただ、敷地は京阪本線と大阪モノレールの門真市駅に近いうえ、大阪モノレールは終点の同駅から南へ約9キロ延伸する計画が決まるなど、利便性が高い。このため三井不動産は交渉再開を望んでいるという。  産経ニュースより抜粋

どうやら土壌汚染が見つかったようで三井不動産への売却が白紙に戻ってしまったようです。

aaaaaa

画像はグーグルストリートビューより抜粋

汚染した土壌を改良するには、売却額の200億円を超える費用が掛かるんですね・・・

記事によると「三井不動産は交渉再開を望んでいる」と書かれているので全く可能性がゼロでは無いのでしょうか・・・

 

超楽しみにしてただけにショック過ぎます。出来れば信じたくないです・・・

 

しばらくは、昨日10月23日にオープンしたイオンモール四條畷にでも行きましょう

なんか4DXとかいう座席が動いて、風が吹いて、水が出て、香りまで出てくる凄い映画館が出来たらしいですよ

イオン四條畷はこんな感じみたいです↓

【四條畷】『イオンモール四條畷』OPEN情報第7弾!!10月20日プレオープンに行ってきました。店内の様子を写真を中心にお伝えします☆

 

ふぇらーり

 

今回の情報提供頂きました まえっち様、匿名希望様、ありがとうございました。

号外NET-守口・門真-では、あなたからの情報提供をお待ちしております!

情報提供はコチラ

 

LINEで送る

2015/10/24
ページの上へ